熱冷まし効果抜群の薬名はこれ!

このシートにはいつも助けられています。
からだに貼る熱さまシート / 熱さまシリーズ / 冷却パック★税込1980円以上で送料無料★からだ...

いちばん効果があったのは薬名はボルタリンでした。
39℃後半の体温が一気に37℃まで・・・
身体はすごく楽になりました。
解熱時間はあまり続かないようで、インフルエンザの高熱が収まるまで2回飲みました・・
効きめが強いので注意が必要です・・お医者さんに尋ねてくださいね。

より速く溶けるイブプロフェン製剤【第一三共】 カコナール ゴールドUP錠 45錠 《第2類医薬品》...

インフルエンザの怖さと予防

既存のインフルエンザでも一旦流行すると、高齢者は肺炎で、幼児は脳症で命を落とすといわれています。
さらに人類に免疫のない新型インフルエンザだと、厚生労働省によれば、国内だけでも、2500万人以上が医者にかかり、17万人近くが命を落とすと試算されています。

タミフルなどのワクチンも早期でないと効き目が無い様で、とにかく人ごみを避ける・ウィルスの菌の伝染から体を守る、ということを自分達で対策しないと、その後の対処が非常に難しいといわれています。


【首にかけるだけ!ウィルス除菌】新型インフルエンザ・インフルエンザウイルス・大腸菌・ノロウ...

そのためには原始的なようですが、家族の全員の数週間分のマスクを用意して、ウィルスがおさまるまで家族はできるだけ外出しないという方法しかありません・・・
そのマスクも早めに準備を始めないとインフルエンザが流行しだしてからでは手に入れることが困難になってしまいます。
普段から少しづつ備蓄していくようにしたほうが良いでしょう。


★備蓄用激安マスクのレビューを読む★

新型インフルエンザウイルスと予防法・・

新型インフルエンザウイルスとは
動物、特に鳥類のインフルエンザウイルスが人に感染し、人の体内で増えることができるように変化し、人から人へと効率よく感染できるようになったもので、このウイルスが感染して起こる疾患が新型インフルエンザです。

 新型インフルエンザウイルスはいつ出現するのか、誰にも予測することはできません。人間界にとっては未知のウイルスでほとんどの人は免疫を持っていませんので、これは容易に人から人へ感染して広がり、急速な世界的大流行(パンデミック)を起こす危険性があります。

 過去の例の一つとしてスペインインフルエンザ(1918年〜1919年)があります。世界では人口の25〜30%が罹患し、4000万人が死亡したと推計されており、日本では2300万人が感染し、39万人が死亡したと記録されています。その記録から、新型インフルエンザの大流行が起こると多くの人が感染し、医療機関は患者であふれかえり、国民生活や社会機能の維持に必要な人材の確保が困難になるなど、様々な問題が生じる可能性もあります。

 そのためWHO(世界保健機関)では、平成11年(1999年)インフルエンザパンデミック計画を策定し、平成17年(2005年)には、世界インフルエンザ事前対策計画を改訂し、WHOおよび各国の対応を要請しました。

 我が国においても、内閣官房を中心に関係省庁からなる「新型インフルエンザ及び鳥インフルエンザに関する関係省庁対策会議」が設置され、平成17年12月に「新型インフルエンザ対策行動計画」が取りまとめられました。また、新型インフルエンザ対策専門家会議において、2007年(平成19年)3月には「新型インフルエンザ対策ガイドライン(フェーズ4以降)」が取りまとめられました。

★医療用マスク一覧を見る★


新型インフルエンザの予防はどうしたらよいのですか?

 通常のインフルエンザは、感染した人の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫とともに放出されたウイルスを吸入することによって感染します。そのため、外出後の手洗い、マスクの着用、流行地への渡航、人混みや繁華街への外出を控えること(不要不急の外出の自粛)が重要です。また、十分に休養をとり、体力や抵抗力を高め、日頃からバランスよく栄養をとることも大切です。
 インフルエンザは容易に人から人に感染するため、他人にうつさないことも重要です。インフルエンザに感染して症状のある人は、病気の悪化や周囲への感染を防ぐために、自宅で休養することが重要です。他人に接しなければならない場合は、咳やくしゃみをする際にはティシュで口元を覆うか、マスクを着用することが重要です(咳エチケット)。
 現状では新型インフルエンザは出現していませんが、出現した場合も通常のインフルエンザと同様にこのような感染予防対策に努めることが重要です。また、新型インフルエンザが流行して、外出を避けるべき事態となり、物資の流通が停滞することを想定して、普段から食料品や日用品を備蓄しておくことが望ましいと考えられます。
 新型インフルエンザの患者と密に接する機会があり、感染している可能性がある方々に対しては、発症前に抗インフルエンザ薬を内服することで、発症の危険性を抑える予防方法(予防投薬)を実施することも検討されています。
厚生労働省:健康:結核・感染症に関する情報より引用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。